特殊清掃とはどのようなものか

特殊清掃とはどのようなものか 現在、一人暮らしの自宅で誰にも看取られずに亡くなる「孤独死」や、死亡していることに長期間気づかれない「孤立死」を遂げるケースが増えてきています。

核家族化、未婚者の増加、インターネットやSNSの普及による地域コミュニティの希薄化などが原因となり、他 人との繋がりを持てないまま亡くなる方々がいるのです。

遺体発見までに時間がかかった場合に問題となるのが、腐敗の進んだ遺体による建物の汚染や悪臭、感染症リスク、害虫の発生などです。

特殊清掃では、こうした建物の原状回復を 行なっていきます。

遺体は腐乱が進むと、体液や血液などがとけ出し寝具や床へと広がり、場合によっては床下のコンクリート部分まで汚染が広がることもあります。

また、遺体から生じる悪臭が集合住宅全体へと広がることや、腐乱した遺体についた害虫により感染症が発生することもあるのです。

そのため、特殊清掃では専門知識と専用の薬品・道具・器機などを用いて、床の張 替えや臭いの除去などの原状回復の作業を行ないます。

高齢化の進む日本では、今後も「孤独死」「 孤立死」は避けては通れない問題です。

特殊清掃は、そうした現実と常に対峙していく重要な仕事なのです。

優良事業所・感謝状

遺品整理士にお任せください!

詳しい情報はfacebookもご覧ください!