遺品整理で供養を行なう理由

遺族に託される大切な役目のひとつに、遺品整理があります。

昨今では、核家族化で大家族での生活が減り、また単身世帯が急激に増えてきたことで、故人の遺品をすべて残すということは難しくまりました。その結果、処分せざるを
得ない物も出てきてしまいます。

このような時代背景もあり、大切な遺品の整理とともに、一緒に遺品の供養を行なうということが、 より故人を偲ぶことになるのではと考える方も増えております。

思い出の写真や手紙、故人がよく着ていた洋服や愛用していた品、暮らしていたお部屋などは、いわば故人の人生の一部です。

特に、ゴルフや音楽など故人の趣味などは、故人にとって大変思い入れ深いものでしょう。

こうした遺品のお祓いやお焚き上げをすることは、故人が生きてきた証に対して敬意を払うことになります。

また、物には故人の思いなどが宿っていて、それを供養することによって、故人は現世との繋がりを断ち、心安らかにあちらの世界へと向かうことができるのです。

さらに、故人と縁の深い物を丁寧に整理していくことは、残された遺族にとっても自身の気持ちと向き合う大切な時間となります。

こうした一つの節目を経ることで、一歩ずつ新たな 日々を歩むことができるようになるでしょう。

遺品供養は、故人にとっても互角族、遺族にとっても、故人の思いなど整理する為の大切な時間となるのです。

優良事業所・感謝状

遺品整理士にお任せください!

詳しい情報はfacebookもご覧ください!